« February 2004 | Main | April 2004 »

2004.03.30

Brooksのサドルバッグ

BrooksのB130を入れてから(入れる前から)Brooksのサドルバッグを探していた。
国内はおろか、海外のネットショップ、海外のネットオークションも調べたのだが、なかなか巡り会えなかった。
加藤さんちの自転車置き場のツーリングレポートで見て、欲しかったのだ。

brooks_bag1.jpg
届いたバッグ 今回、ひょんな所で、って高崎のプロショップにて在庫の最後の1個をゲットする事が出来た。届いたのは、やや大振りな、コットンサドルバッグ。左右にポケットもあり、イイ感じ。made in Chinaが残念ではある。

brooks_bag2.jpg
ウルトラミニ2号(青)に装着 BrooksのB130サドルのバッグ用リングにストラップを通して装着。思ったより横幅を感じる。が、謎和田の尻+太ももも太いので大丈夫!?

brooks_bag3.jpg
前方から見た図 シートピラーへの固定のストラップもきちんと金具が付いている。ベルクロに慣れてしまうと、おお、クラシックと思ってしまう(笑) サイドポケットの形状も見て取れる。

brooks_bag4.jpg
装着部のアップ サドルのループへの装着状態等がよく判る。Brooksそろいで満足。

普段のTOPEAKのサドルバッグに比べて何倍も大きいので、ツーリングやオフの際装着して行きたいと思っている。つい最近までリクセンカウルのマグナムというリヤ用バッグを買おうと思っていたのだが、Brooksのサドルバッグで満足。また、いつかはBrooksの革のバッグも欲しいと思っている。

| | Comments (0)

2004.03.28

目黒川桜祭り

040328_113101.jpg

040328_115601.jpg

040328_115701.jpg

一家でポタリング中

| | Comments (2)

2004.03.26

パンク!

今日、乗ろうと思ったら・・・・ ウルトラミニ2号(青)の後輪がパンク・・・
横浜みなとみらいポタでは異常なく乗って帰れた。うーん。タイヤをクルクルっと見てみたのだが特に何も
刺さっていない。リム打ちするほど空気圧は低くないし、段差アタックもしていない。
まぁ、もう一度空気を入れて調べてみよう。

| | Comments (0)

2004.03.21

みなとみらいポタ

BD-MLのみなとみらいポタに行ってきた

Webアルバムを作ってみた
ここをクリック

画像は基本的に640*480にリサイズしてある。元画像は2272*1704であるので、希望者はメール等でお問い合わせを。

| | Comments (2)

2004.03.20

HIDライトをウルトラミニに装着

明日の横浜ポタに合わせて 装着完了

10whid_head5.jpg


10whid_head6.jpg


10whid_head7.jpg


10whid_head8.jpg


| | Comments (0)

2004.03.18

HIDのヘッドライトを作ってみた

先日の10WHIDのパーツを利用してHIDヘッドライトを作ってみた。

ビンテージ物のオール金属製自転車用ヘッドライトを探してきて、それに組み込んだ。直径80mmの砲弾型ライトはバラスト部分も含めてすっぽり収納出来る。さすがに電源は内蔵出来ないので、外付けである。

10whid_head1.jpg

ヘッドライト 青いカッティングシートの上に置いてしまって、色が良く判らないが、実物は、綺麗なクロム色。まぁ銀色のミラーフィニッシュ。電線用の電極を撤去してトグルSWを付けている。別に赤黒の電源コードを引き出している。


10whid_head1_2.jpg
解放状態 サイドのつまみをゆるめてから、ポチっと押す事で、レンズ部と胴体がかぱっと開く。蝶盤入りでスムースな開閉が可能。見づらいが、ゴムキャップ付きトグルSWが胴体下部に付いている。写っているボトルがバッテリーケース。


10whid_head1_3.jpg
内部写真 シリコンコーキングで見づらいが(^^;; HIDバーナーは、耐熱パテ(1100度耐熱)で固定し、バラストはバスコークの黒とスーパーX接着剤で固定。防水はブチルゴム+コーキング剤。ライト下部に水抜き穴が空いているが、これは熱逃がしの為にそのままにしてある。


hid_batt.jpg
バッテリー ラジコン飛行機用の物を使用。単2Ni-MH電池10個直列。12V3000mA/h。TIOGAの600mlボトルにすっぽり入るので、これをボトルケージに入れて装着する。


10whid_head2.jpg
点灯!


10whid_head3.jpg
部屋を暗くして点灯! 焦点をうまく合わせられたので、先日の10wHIDハンディライトより綺麗に集光できている。


10whid_head4.jpg
壁に光を当ててみた  もう少し対象物を遠くにするとちょうど良い光の拡散を得られる。自転車のヘッドライトだけあって、微妙に縁が上側だけ張り出していて、上方への光の拡散を押さえている。

非常に気に入っている。また、このビンテージライト自体、現在のオールプラスチック製砲弾型ライトとは違った輝き、重量感、質感を持っていて、ハマってしまいそうである。(爆)今回使用したライトは、「National / SANYO Electric」のダブルネームだった。他にもう2個既に確保している。妻のSTRIDAにも装着しようかと計画中。 

HIDヘッドライトのランタイム試験をした所、3000mA/hのニッケル水素バッテリーをフル充電して点灯。ライトの下には陶器の皿を置いて断熱。
3時間30分で消灯。ライトの筐体の温度は手触りで、45度くらいか。計算上は3時間ちょっとのランタイムのハズであったのでまぁまぁ納得である。

| | Comments (0)

2004.03.17

またもや逃す

私は、部品調達に、通販ショップをよく利用するが、ヤフーオークションもかなり利用している。先日来、クランクを165mmにして調子がよいので、見栄?を張って、170mmの時と同じDURA-ACEのクランクを探している。で、中古の安めのが出たのだが、計3品逃してしまった。野暮用で気づいたら落札時間の2分後だったのが1品目。次の2品は同じ人から相次いで出ていたのだが、その落札日当日夜、トラブルがあって喧々囂々とやっており、PCにさわる余裕も無く、気づけば3時間前に終わっていた、という始末・・・・まぁ1万数千円を使わずに済んだとも、105のクランクをもっと使い込め、という思し召しかも・・・DURA-ACEと105って明確な差(良さ)ってあるのだろうか。ネーミングだけ、以上の良さは重量だろうか・・・

| | Comments (0)

ココログのアップグレード

知らない間にメンテで昨日の書き込みを逃した!と思ったら、このココログのベーシックに加えてプロとプラスが増えていた。6月まで無料、につられてプロにプラン変更したのだった。これで30MBの容量から150MBにアップ!
現在の1ヶ月で9MBも容量を食っていたので、まぁいいか、と。
今後とも宜しくお願い致します。

| | Comments (2)

2004.03.15

もうすぐ1ヶ月、1000アクセス

謎和田です。
自転車関係の発表?の場としてblogへのUPを2/18に始めてもうすぐ1ヶ月。1000アクセスも間近です。
一応お固いカウンターを使って、リロードではカウントアップしないようにしたので、数字が延びないのびない。
まぁ洒落のカウンターですから良いのですが。(^^)

今後とも謎和田のミニヴェロベロを宜しくお願い致します。


って、ネタが無いのか・・・

| | Comments (0)

2004.03.14

フレームの傷を補修

フレーム(チェーンステー部)にチェーンで付けてしまったガリ傷をラバースプレーで補修中。ついでにチェーンの掃除、クランクを仮に165mmの物に交換。ペダリングは変わるか!?

という訳で補修しました。
frame_kizu.jpg
ガリ傷のチェーンステー 

hosyu1.jpg
まずはマスキングして  フロントチェーンリングをクランクごと外して、マスキング。ラバースプレーを吹く吹く。吹きすぎるとダマになって垂れるのでゆっくり時間を掛けて繰り返す。その間にクランクを170mmから165mmへ交換。


hosyu2.jpg
ガリ傷の箇所に4回塗りした 夜3回スプレーを吹いて、朝1回。普通の塗料と違って、ラバースプレーなので、マスキングテープを剥がしてもベロ~ンと延びてしまう。カッターの刃を当てるのもイヤなので、上からチェーンステーガードを貼る事とした。


hosyu2_5.jpg
マスキングを外した状態 比較的綺麗に塗れたが、マスキングテープのエッジ部分がヘロヘロな部分があったのでチェーンステーガード(早い話がステッカー)を上から貼る事決定。

hosyu3.jpg
完成 上からカーボン調ステッカーを貼って完成。チェーンリングを組み付けて元に戻す。ついでにブレーキクリーナーでチェーンのベトッとした初期のグリス/オイルを落とした。購入時に袋の中にブレーキクリーナーをジャブジャブに吹き付けて洗ったつもりだったが、それでもベトベトするので再度ウエスとブレーキクリーナーで徹底的に洗った。室内でやったので、脳みそクラクラ来るような気化ガスで、あわてて換気。


105_165crank.jpg
165mmの105のクランク ひょんな所から165mmのオクタリンククランクを入手。105のクランクは入手時のは172.5mmの四角い穴の105だった。

乗ったインプレッションは、ビックリ。5mmの差ってこんなにあるのか、というのが素直な感想。腿の上下動が気持ち少ないのが判る。力の入り方がよりコンパクトに回転する感じ。ウルトラミニ1号(赤)の152mmのクランクはもっとクルクル回る。160mmのクランクも試してみたいと思うようになった。折角入手したDEURA-ACEの170mmのクランクはヤフオクに出すか検討中。また、DURA-ACEの165mmのクランクを手に入れるか考え中(爆)金の無駄遣いだなぁ・・
まだまだ自転車初心者なので、自分のサイズ、というのがやっと判り始めた気がする。まだフレームの各部寸法を見ても判らないし、自分に合ったサイズって・・・という世界。いつか自分でサイズを決めてバイクフライデーとかをオーダー出来るようになったらいいなぁ、なんて。それにはウルトラミニもハンドルとサドルの高さをキチンとサイズを決めて乗る事だろう。

チェーン用ケミカル、ホワイトライトニングって使ってみたいんだけど、どうなんだろう・・・

補修の写真は後で掲載。

| | Comments (0)

2004.03.13

く、首が・・・

深夜に首が痛くて目覚めた。
うーん転倒の影響なんだろうか 首に湿布を巻いて寝直したが、結構気持ち悪い。

今日は以前削れた部分に以前購入したラバースプレーで防錆加工を行おうと思う。

| | Comments (0)

2004.03.12

自転車に乗ろうと思うと

雨・・・ さてどうするか。
小雨というか ぱらりぱらりと降ってきたレベル。
今日は床屋(10Km)、和田サイクル(22Km)へ行こうと思っていたのだが。

結局どちらも自転車で出かけました。
が、床屋への道で、ウルトラミニが一回転しました。歩道の段差を甘く見て、フロントを持ち上げるタイミングを外した!と思った時には、本人は自転車の前で左手と左膝を歩道に着いていました。いててて
振り返るとウルトラミニが倒立した所でそれから横倒しに。倒立前転されていたら、自分が下敷きに(^^;;;;
ヘルメットも被っていたし、ジェル入りのグローブもしていたので、膝が少し打撲、って感じです。

和田サイクルには行けたのですが、かなりへばりました。飛ばすとへばる・・・まぁ仕方がないなぁ
トレンクル(他色々お持ちです)の加藤ご夫妻に会いそびれてしまった。また、和田サイクルにある、と聞いた砲弾型ヘッドライトはプラスチック製で、熱の心配があるので今回は見送りとなった。で、他に~とウルトラミニ2号(青)用として工房赤松のトレンクル用強化タイヤを購入しました。
パラパラと雨が降ってきたので、早々に引き上げた。こんな天気じゃなければ加藤ご夫妻ともお話しできたかなぁ

あ、なんか首が痛い。転倒の影響か・・・

| | Comments (0)

2004.03.11

ウルトラミニ2号 操作系

写真だけUPしていたこの記事。コメントを追加する。

bar_con.jpg
シフトレバー SL-BS77 右のバーエンドバーの先端に装着。バーエンドバーはシルバーが現行。先日の転倒でレバー表面に傷が・・

shift_lever_new2.jpg
ハンドルの右側 バーエンドバーがウルトラミニ1号(赤)から仮移植した黒の物が付いている。現在はTIOGAのパワースタッド5バーエンドバーシルバーになっている。シフトレバー周りの状況参照用。


shift_lever_old.jpg
我が家に来たときのシフトレバー周り SRAMの9速グリップシフトが付いていた。ブレーキレバーはTEKTOROだった。

console.jpg
サイクルコンピュータとライト ミニベロには御用達のミノウラスペースグリップ SG-100NLにSPECIALIZED ターボエリートとCATEYE HL-EL200(LED)を装着。


turbo_elite.jpg
サイクルコンピュータ SPECIALIZED ターボエリートのアップ なかなかカッコイイ(自己満足)ターボエリートはケイデンス表示とEL発光に惹かれて購入。CATEYEで色々探したのだが、イマイチ。実はだるま型の先々代エリートはMTBに装着しており、EL発光はともかく、電波の弱さ、トランスミッターの電池の特殊性、長期放置すると誤動作する、反応が鈍い等欠点も知っていたのだが、機能面でなかなかこれを上回る物が無く、また購入。機能面では、走り関係だと、あとはGPSか。GarminはGPS-38Jをパラグライダーで飛んでいるときに使ったいたが、今や機能は飛躍して、ちゃんと1/25000の地図がインストールできる物も有るようだ。eTrex Legendが欲しい。これは予算確保できたら行ってしまいそう。ただ、ウルトラミニは貧弱なスタンド、ハンドル、サドル位置が高くなるので転倒しやすい。転倒防止又は破損防止策を講じないと、死ぬのは早いかも。保険でカバーするか! 肉体関係だとしたら、ポラールのS710i+PowerKitなんだろうけど、8万円オーバーだな。


bell_leveler.jpg
ハンドル左側 水準器(傾斜計)とベル(実は別に移設済み)の写真。あとブレーキレバーもこの写真で判る。grungeリニアレバーはレバーが水平に引けて割と便利。ダブルピボットで強く引けるかな?と思ったが必要な力は普通。ただ、平行に引けるのは、バーエンドバーから指をかけて引くときに遠くならずに便利。アルホンガのダブルピボットブレーキと相まって良く効く。(効き過ぎてパニックブレーキ時は良く後輪が浮く)


leveler.jpg
傾斜計のアップ 面白そうで購入したが、あまり使わない。激坂ポタなどで坂を知るのに使えるかな。通勤路の六本木の坂は何度か調べたら、もう用は無くなりそうである。まぁ坂が絡む地を走る事は多いのでもう少し付いていると思う。ハンドルの一等地に付いているのでいつ地上げされるか・・・


brake_aid.jpg
ブレーキアシストレバー ドロップハンドルなどで正規ポジション以外でもブレーキを引ける後付レバー。池袋のMrチャーリーで特価品を購入。バーエンドバーに手を置いて漕いでいてもブレーキが引ける。ただし、正規のポジションである、バーハンドルを握っている時のブレーキレバーの有効幅が狭くなっていて一長一短。結果フロント側だけに装着。

| | Comments (0)

2004.03.10

Brooksが来た

アメリカのショップ、HarrisCycleryから荷物が届いた。
イギリスのBROOKSのサドルが届いたのだ。
ウルトラミニに付けようと、色々考えて購入したのは前後にダブルスプリングが入ったB130。なかなか国内では見かけないモデルだ。もう一回り大きなB33はタマに見かけるが。先日も新宿で見かけた。
他に、スプリング入りで普通のポストに付くB67、スプリング無しでスポーツ車に定番のTeamProも一緒に個人輸入した。

b130_yoko.jpg
BrooksのB130 前方のグルグルスプリング(よく見ると2重巻き)と後ろ側の黒と銀のスプリングがしなやかさを演出?見た目の通り、金属部が多くて重いサドルである。サイドにはBROOKSのロゴとB130のネームが刻印されている。
サイズ 全長:280mm 全幅:210mm

b130_ue.jpg
B130を上から 小振りな鋲がアクセント。

b130_ushiro.jpg
真後ろから見たB130 大型のサドルバッグ用アンカーもついているが、私のTOPEAKのバッグはワンタッチのロックが付いているので通らず、スプリングにベルトを通してある。

ファーストインプレッション

最近は、コンフォート系のサドルばかり使用しており、ハードな座面である、Brooksの革サドルにおそるおそる座ってみた。新品のためか、非常に表面がよく滑るのである。コンフォート系でやっていた、ほんの少し前傾させた取り付けは、本人が滑るので、サドル取り付けの基本の水平とした。
画像を見て貰えれば判るが、尻が乗る部分は非常に幅広で平ら、前方が細い形状である。また、ダブルスプリングがきちんと動作して、思った以上に衝撃に対して柔らかく受け止めてくれる。座面自体は固い。本日は時間が取れず、30分程度走っただけであるが、ハンドルとサドルの比率50:50のライディングポジションのせいか、特に辛さは無かった。セライタリアのAirACTIVEのソフトでフィットする感触が極上であったのに比べれば固さはよく判った。どっしり座るポジションとなる、Bromptonやママチャリではかなり尻が痛くなるのでは、と思った。BromptonにB33を取り付けた人のレポート(2003/11/15)でも最初は板みたいって書いてあった。

もう少し乗り倒してからまたレポートしたい。とりあえず、近日中に和田サイクルまで20Km程乗ってみる予定。


b67.jpg
一緒に購入したB67 袋から出していないんでよく判らないと思うが(^^;;B130に似た座面(一回り小さい)にレールの後ろ側にコイルスプリングが付いているモデル。これの前身がB66でシートポールに直接取り付ける金具(ママチャリなどのタイプ)のモデルがある。B130もこの金具でポールに直接付けるタイプだ。で、B67は最近のロード、MTBのシートポストに付けられるように2条のレールが付いている。取り付け形態は、まぁ普通のスポーツサドルと同じだと思えばよい。そこそこコンフォートなモデルである。ペアバイクに付けようか考え中。
サイズ 全長:260mm 全幅:210mm


Team_pro_G.jpg
TeamPro Champion Deluxe British Raceing Green with Copper Rails 同じく一緒に購入したサドル。やたら名前が長い(笑)まぁ、手打ちの大きな鋲がトレードマークのチームプロのデラックス版。深いグリーンの革サドルである。色が新鮮。でレールがカッパーカラー。早い話が銅のレールである。柔らかそうな感じだが、どうだろうか。レトロ感満点である。これはMTBに付けようか、コレクションとして仕舞い込むか悩んでいる。しばらくしてからヤフオクに出してしまうかも。
サイズ 全長:278mm 全幅:160mm 560g

| | Comments (0)

クランクの長さ

ケルビムのウルトラミニ。1号(赤)のクランクは152mmだ。多分ブリジストンのトランジット辺り物と同じような鋳物のクランクである。(重い)重さはともかく、座高比が高い(^^:: 私にもクルクル良く回せて良い感じである。
ウルトラミニ2号(青)は届いたときは、105の172.5mmのクランクが付いていた。現在はDura-Aceの170mmが付いている。それでも、腿の上下が時に辛いような気がするのである。いじくって、多段化してギア比も重くなり、諸々の要因は有るのだが。おのひろきさんのHPの中に、「Check your Cranks!」というコンテンツがある。クランクの適正な長さを考察している。またクランクの長さに関する海外のサイトなども紹介されている。それによると、私は160mmでも良いようで・・・(^^;;;
現在165mmのクランクを探している。安いのを・・(笑) 折角オクタリンクのBBを入れたのだからシマノのクランクを、と考えるとなかなか選択肢が限られてしまう。さて、どうなることやら。

| | Comments (2)

2004.03.06

長野の菅平

金土日で菅平スキー場に来てます。晴れたり曇ったり吹雪いてきたりくるくる天気が変わります。040306_115301.jpg


040306_121801.jpg

| | Comments (0)

2004.03.04

明るいライトの続き

10hid_parts.jpg

10wHIDのバーナーとバラスト ヤフオクにて購入。これからヘッドライトなり何らかの筐体を探して装着予定。

| | Comments (2)

2004.03.03

明るいライトが欲しい!の答えか!?

という訳で、昼食を厚着して買い出しに行ったついでに、地元の自転車屋でとりあえず取り付けに使えそうなパーツを購入。ミノウラのハンドル用ボトルホルダー用台座とペットボトルホルダー。これでつり下げてみる。
やっぱり全長42cm、1.5Kgはでかいし重い・・・・ うーん 
10whid1_2.jpg
付けてみた! 前方をペットボトルホルダーのフレーム、後方をペットボトルの首用ゴムで支えている。

10whid1_1.jpg
斜め前方から ますます重武装化が進む・・・

10whid2.jpg
Fire!! 明るい! 絶版で探せなかった21wHIDのCATEYEのHL-MH310ならもっと明るいのだ

10whid3.jpg
照射状態  LEDヘッドライトのHL-EL200も、1wLEDも霞むかすむ

| | Comments (3)

今日も発熱

ふがいなさの謎和田である。
今日は熱による有給休暇を取る事に。午後には熱は下がったがのどがまだ痛いし。
辛い。

ただ1つだけ。楽しみな物が届いた。

10whid1.jpg
10WHIDを採用したハンディライト

バーナータイプ 10W HID-XENON
色 温度 6000K
明 るさ ハロゲン30~40W相当
バーナー 寿命 1000 時間
照射 パターン 6°~30°  可変
バッテリータイプ Ni-MH 4.8V 7000mAh  充電式
連続 点灯 時間 150 分
充電 時間 7~9 時間
防水 防塵 防水 筐体 IP66 級
寸法 φ90×420
重量 1.5kg
付属 品 Ni-Mhバッテリー/充電器/キャリングケース


| | Comments (2)

2004.03.02

発熱

朝から発熱にてぶっ倒れ中です。
体の節々が痛くて、年だなぁ・・・って。(^^;;

頑張って復帰に努めます~
げほごほっ 咳が大変です。

| | Comments (0)

2004.03.01

ウルトラミニ2号 駆動系

これからスペック表に沿って 駆動系、操作系、その他と分けて紹介していこうと思う。

front_view.jpg


いぢり記事をブログでやるのは無理があるかなぁ~ いや、頑張ります。

入手した当時のパーツは(旧)、いじって交換したパーツ、セットは(新)表示します。
chain_line_old.jpg
(旧)TIAGRAのチェーンライン


old_cassette.jpg
(旧)TIAGRAの9速カセット12-23t

new_cassette.jpg
(新)DURA-ACEの9速カセット11-23t

old_new_cassette.jpg
新旧カセットコグ


rd_old_tiagra.jpg
(旧)リアディレーラー TIAGRA

rd_new_dura_ace.jpg
(新)リアディレーラー DURA-ACE RD-7700GS


| | Comments (0)

« February 2004 | Main | April 2004 »