« 2月の荒川サイクリング | Main | 立ちゴケした »

2005.03.14

空気入れ

仕事が死ぬほど忙しくて更新もままならない。ネタはあるが、画像いじくる時間と気力を持てない。

以前から自転車整備に関して工具や環境を充実させようと思っていた。ハンドツール類はクルマいじり時代の物があるので困らないが、ケミカル、クリーニングなどのグッズや作業台などである。

今回はフロアポンプだ。MTBを組んだ頃、1本サガミの特売で購入した。ポンプヘッドはヒラメのフレンチ用に交換して、酷使しているうちに空気の入りが悪くなってきた。日々のメンテナンスやタイヤ交換で必ず使う物の一つであるのでちょっと良い物が欲しい、と思って調べていた。当初はシリカの物が念頭にあったのだが、色々見て回ったりネットで調べたりして ドイツのSKS(ドロヨケなどが出回っている)のAirBaseというポンプが気に入り、購入した。
SKS トラックポンプ エアベースSKS AirBase
付属のポンプヘッドは英・仏、米と3タイプの口金に合うようになっている。結構密着性も良いし、空気もガンガン入れられて良い。ポンプヘッドはへたってくるまでこの付属の物を使って、空気漏れをしだしたら、ヒラメに換えようと思う。

空気の吐出量を増やす為か、本体がとても長い。ポンピングするのに小柄な人だとめいっぱいのポンピングは少し大変かも。

使用しないときのポンプヘッドのつり下げ、ハンドルのロックなど細かい所にも気配りがあり、気に入った。ポンピング時もしっとりと動作して好感が持てる(新品だからかな)
在庫確認に和田サイクルに電話した時、和田サイクルもコンプレッサ以外ではこのフロアポンプ(レンコンプレッサーかその前のタイプ)を使用していてもう何年も酷使しても快調だと言っていた。
長く使える物が手に入って嬉しい。(娘のコリブリ14の口金は英式、トレーラーバイクは米式なのでこれまで携帯ポンプで入れていたので、便利になった)

|

« 2月の荒川サイクリング | Main | 立ちゴケした »

Comments

The comments to this entry are closed.