« 空気入れ | Main | クリートの位置を試行錯誤中 »

2005.03.15

立ちゴケした

先日 とうとうやってしまった。立ちゴケを。(^^;;;

AirFridayには今、クランクブラザーズのエッグビーターを付けている。基本的にSPDと同じ2穴なので私のマレッシには、クアトロSL用の3穴→2穴アダプターを介してクリートを付けている。
クランクブラザーズ エッグビーターCrankBrothers Egg Beater

3穴アダプター
チタンを使った物でとても軽い物(とても高い)まであるが、とりあえず安いタイプで試してみた。

マレッシの場合、シマノのSPD-SLでもマレッシシューズ付属のプレートを介して取り付けていたので、高さは変わらない、いやSPD-SLのクリートの方が大きい(厚い)のでクランクブラザーズのクリートを付けている方が若干薄くなるし、ロード用クリートを付けたので、左右にプラスチックのサイドポンツーンが付いていて、歩くときにカチャカチャと音が立たない。ゴツゴツとは音がするが。ゴムならもっと静かなのだが。

で、立ちゴケ。走行中、物を落とした!と思って急停車、振り返ったのだが、気づくと足が外れていない。ぐらぁ・・・って傾きだして初めて焦る。幸い、壁の近くだったので、腕を伸ばして、派手に転倒は避けることができた。
かなりみっともない状態にはなった。(笑)SPD-SLを付けていた時は、比較的意識していた上に普通に信号位しか停止シチュエーションが無かったので、何事も無かった。(1度ひやりとしたことはあった)
やはり洗礼は避けられなかった(笑)

エッグビーターの使用感
ペダルを交換直後は、かなりバネが固く感じた。踏んでもガキってはまってくれず少々焦ってしまった。
何度か付け外ししているうちにコツが判ってきたのか、バネが馴染んで来たのか、問題は感じなくなった。
そうなると、4方向装着可能な形状が活きてきて、はめるのはかなり楽になった。足をその位置に差し出し、少し前にずらす意識を持って踏み込むと、カチンとはまる。
SPD-SLのPD-R600の時に比べてペダルの裏表を気にする必要が無い、装着時の足(クリート)を差し入れる感覚がほぼ要らない、ペダルが軽い(気がする)、外す時も外側へひねることで、グリッと外れる。SPD-SLのような、最後にガチャって抵抗を感じて外れるのとは違う。(エッグビーターにはテンション調整も無い)
あとは価格だな。安い方から2番目のエッグビーターでも万を超えてしまうのがネック。チタンモデルだと3→4→6万とステップアップして高くなっていくのだ。
もう少し乗ってから追加レポートしてみようと思う。

|

« 空気入れ | Main | クリートの位置を試行錯誤中 »

Comments

The comments to this entry are closed.