2004.04.22

ウルトラミニ1号(赤)リカンベント化計画 その2

勢いで立ち上げたこの企画、長くなりそう(かどうかふめい)であるので、カテゴリを1個作った。早速、ポッキー7等安いリカンベントなら8万円台からあるのではないか、と突っ込みも入っている。(笑)ただ、基本的に現在6台の自転車が有るため、追加は不可。台数死守の為、また、やっぱりいじるのが楽しいのでこの企画を進行させる事とする。

もう一度ウルトラミニ1号を引っ張り出してきて、そのフレームに座ってみたが、先の計画?のように、フレームに直接ヨーロピアンシートを付けるのは、着座位置が前に出すぎて、ちょうど元のチェーンリングの辺りより少し前。そこから足を伸ばすと、長くもない足がかなり前方へ突出して、リカンベントたるチェーンリングのブームが現在の車体フレームと同じくらい前に出てしまう。これはまずいし、それより、チェーンラインが確保出来ない。尻の下はフレーム、腿の下がすぐにフロントフォークとなってしまうので。というわけで、まずヨーロピアンシートをフレーム直付けは保留とする。
と言う訳で、以前ゲットした、初期型タルタルーガの背もたれ付きサドルのジャンクを現在のシートポストに取り付ける事とする。ウルトラミニのシートピラーはなんと22.3mmと超細い。ちなみにハンドルのパイプも同じ太さ。ヤグラを使ってサドルを付けている。これを流用して背もたれ付きサドルを付ける事としたが、ジャンクなので、背もたれのパッドが無い。これは別途ベニヤか何かとウレタンクッションで作る事とする。

サドルピラーにシールドベアリングのリングを嵌めて、ハンドルステムをこれに噛ませて付けて、ママチャリか、ビーチクルーザーのハンドルを逆さに付けてアンダーハンドルとしてみようかと夢想中。

最大の問題はリカンベント用のBBが付くブームの入手である。これをワンオフで頼むと数万円かかりそうなのである。聞くところに寄れば、BikeFridayのSatDRayのブームが2万円程度らしいのでこれを部品注文(できるのか?)した方がマシである。ただ、寸法も何も決まっていないので、もったいない。という事で、今回オークションでMTBルックのフレームを新品3500円で落とした。このフレームのBB周りをぶった切ってブームとして作ってみようと思っている(爆) 問題はウルトラミニのフレームと、ブーム間を接続するクランプであるが、とりあえず工事用の物を物色(かっぱらってくる、という意味じゃない)して購入してみようかと思案中。 ダメなら、ワイヤーカットや削り出しのショップに頼んでみようかと思う。

FUJI1.jpg
購入したフレーム 3500円

これを
FUJI2.jpg
カットして赤く塗った部分を流用予定。


FUJI3.jpg
下のチューブとBB周りを使用してリカンベント用ブームとして組み立ててみたいと考えている。

メモ 足回り 84 フレームチューブ 48 パイプ接合部にはコンクリートか補強剤を詰める 

| | Comments (0)

2004.04.20

ウルトラミニ1号(赤)リカンベント化計画発動

今、ウルトラミニ1号(赤)のリカンベント化を考えている。
ケルビムのHPで、スパイダーという変り種自転車に興味を持ち、電話で問い合わせたが、「高くなってしまいますよ・・・16万位見て下さい。」というオバ様の朝から少しけだるそうな回答にううむ。ウルトラミ二を持っていて、これをリカンベント化という話をするも、「費用がかかる、十数万出せればかなりの要望に応えられる」とのことだった。また、「ウルトラミニ(が安いの)は特別なんですよ」との追い打ちも。まあ吊るしの自転車ですから。
とりあえずケルビムの線は最後の砦とする。おのひろきさんの所のリカンべントメーリングリストにも加入した。
BD-1のリカンベントキットを売っていたLEADING EDGEのHPにも行ってみたが、既に販売終了のアナウンス。
本業はカーコンビニ倶楽部経営になっているようだ。アドバイスを下さい、とメールをしてみた。

基本的にはこのBD-1のリカンベントキット同様ブームを前に延ばして、BB、チェーンリングを付ける。ハンドルはとりあえず上に出す、シートは自作するしかないか、という感じ。東急ハンズでFRP造形のデモンストレーションを行っていたので、これを参考に、粘土で背中を型取りして、FRP成形、これにウレタンスポンジ、低反発素材等を使用してシートを作ってみようと思う。問題はシートのフレームと金具。汎用品を使うか、削りだしを頼むか。
丸ごと何かを持ってくるか、というのも面白そうだ。ウルトラミニはメインのチューブがBBまで下がっているママチャリ風のフレームレイアウトであるので、シートポストを背もたれの支えと考えると、かなり着座点を下げられるかもしれない。シートは固定、足との関係はブームを前後させて調整させる形になりそう。

頂き物のタルタルーガのシートのフレームを流用してみるのも手かも知れない。

ハンドルは上に持ってくるとしたら、何らかのリカンベントを参考にさせて貰わないと・・・ 想像だけで書いてみるとユニバーサルジョイントで繋いで適当なシャフトで持ってくるか、流用するか。

基本コンセプトはお安く。(^^;;

さて、どんな物が出来上がることやら。
いや、まだ構想を図にでも起こさないと始まらないな。

14インチ、全長1.3m程度のリカンベントなんて面白いな、これが原動力。

ultra_mini2_rica.jpg
いい加減な想像図
 しかもウルトラミニ1号(赤)の適当な写真が無かったので2号(青)の物を流用。チェーンリングは足下のは外して直にチェーンで繋ぐか、ダブルリングを付けて中継させるか。1号(赤)は変速ギアが無いので、チェーンリング部をダブルにしてやりたい。テンショナーでごまかせるかどうか。

| | Comments (0)

2004.04.07

脱落

今日は休み。比較的のんびり(本当は書類を作らなくちゃいけないんだが)していて、自宅から4Km程離れた所にあるホームセンターへ両面テープ他をウルトラミニ2号(青)で買い出し。結構シャカシャカと調子よく漕いでいった。
昼は環7沿いのちょっと旨いラーメン屋 醤屋で紫チャーチュー。帰りは、桜吹雪でも感じながらのんびり走るか、と歩道を走り始めた。環7を渡るには少し離れた信号を使わないと中央分離帯もあるし、交通量も半端じゃなないのである。ゆっくり走り始めて、すぐチィ~ン。金属の落下音。あわてて止まろうとして、右手が空振り。そう、バーエンドバーを持って走ってもブレーキが掛けられるように、と取り付けたブレーキアシストレバーが落下していた。
brake_aid.jpg
あわてて後方確認してから停止。拾うと、欠品もなくイモネジ2個で付けていたのでそれが緩んだ模様。信号まで移動して、サドルバッグから3mmヘキサビットと6mmのラチェット板を出して取り付け&締め付け。信号が変わる前に修理完了。

のんびり桜の並木や川沿いの道を走って行った。

自宅の近くまで来て、駄菓子屋を発見。よっちゃんイカやクッピーラムネ、ソーダラムネをゲットしてもごもご。こりゃ車道をシャカリキには走れないや、と歩道を走行中、切れ目から段差に乗った瞬間、ガチャッ塊が落ちる音が・・・ああっスピードメータとライトが無い~ すぐに拾い上げたが、ミノウラの軽量スペースグリップに付いたSPECIALIZED ターボエリートとCATEYE HL-EL200がグリップごと落下していた。
console.jpg
このバー部分から落ちた ミニベロには御用達のミノウラスペースグリップ SG-100NLにターボエリートとHL-EL200を装着。
drop1.jpg drop2.jpg
スペースグリップと落下物。グリップにとりついているプラスチックの留め具の角が削れて落下。

普通のスペースグリップは全面プラスチックで覆われていて、もう少し強そうだが同じか。実はこのウルトラミニ2号で1回、前転している。よそ見をしていて、歩道の段差(5cm程度か)で前転したのだ。この時逆立ちしたウルトラミニ2号の接地点がこのライトとスピードメータの付いたスペースグリップだったのだ。少し曲がったのを手で直してよしとしていたのが、単3電池4本入ったライトの振動でだんだんとプラスチックがイってしまったようだ。仕方ない、またスペースグリップを買ってこなくては。今度前転するとき!?HIDヘッドライトが接地点にならないか、不安である。

| | Comments (0)

2004.03.26

パンク!

今日、乗ろうと思ったら・・・・ ウルトラミニ2号(青)の後輪がパンク・・・
横浜みなとみらいポタでは異常なく乗って帰れた。うーん。タイヤをクルクルっと見てみたのだが特に何も
刺さっていない。リム打ちするほど空気圧は低くないし、段差アタックもしていない。
まぁ、もう一度空気を入れて調べてみよう。

| | Comments (0)

2004.03.20

HIDライトをウルトラミニに装着

明日の横浜ポタに合わせて 装着完了

10whid_head5.jpg


10whid_head6.jpg


10whid_head7.jpg


10whid_head8.jpg


| | Comments (0)

2004.03.18

HIDのヘッドライトを作ってみた

先日の10WHIDのパーツを利用してHIDヘッドライトを作ってみた。

ビンテージ物のオール金属製自転車用ヘッドライトを探してきて、それに組み込んだ。直径80mmの砲弾型ライトはバラスト部分も含めてすっぽり収納出来る。さすがに電源は内蔵出来ないので、外付けである。

10whid_head1.jpg

ヘッドライト 青いカッティングシートの上に置いてしまって、色が良く判らないが、実物は、綺麗なクロム色。まぁ銀色のミラーフィニッシュ。電線用の電極を撤去してトグルSWを付けている。別に赤黒の電源コードを引き出している。


10whid_head1_2.jpg
解放状態 サイドのつまみをゆるめてから、ポチっと押す事で、レンズ部と胴体がかぱっと開く。蝶盤入りでスムースな開閉が可能。見づらいが、ゴムキャップ付きトグルSWが胴体下部に付いている。写っているボトルがバッテリーケース。


10whid_head1_3.jpg
内部写真 シリコンコーキングで見づらいが(^^;; HIDバーナーは、耐熱パテ(1100度耐熱)で固定し、バラストはバスコークの黒とスーパーX接着剤で固定。防水はブチルゴム+コーキング剤。ライト下部に水抜き穴が空いているが、これは熱逃がしの為にそのままにしてある。


hid_batt.jpg
バッテリー ラジコン飛行機用の物を使用。単2Ni-MH電池10個直列。12V3000mA/h。TIOGAの600mlボトルにすっぽり入るので、これをボトルケージに入れて装着する。


10whid_head2.jpg
点灯!


10whid_head3.jpg
部屋を暗くして点灯! 焦点をうまく合わせられたので、先日の10wHIDハンディライトより綺麗に集光できている。


10whid_head4.jpg
壁に光を当ててみた  もう少し対象物を遠くにするとちょうど良い光の拡散を得られる。自転車のヘッドライトだけあって、微妙に縁が上側だけ張り出していて、上方への光の拡散を押さえている。

非常に気に入っている。また、このビンテージライト自体、現在のオールプラスチック製砲弾型ライトとは違った輝き、重量感、質感を持っていて、ハマってしまいそうである。(爆)今回使用したライトは、「National / SANYO Electric」のダブルネームだった。他にもう2個既に確保している。妻のSTRIDAにも装着しようかと計画中。 

HIDヘッドライトのランタイム試験をした所、3000mA/hのニッケル水素バッテリーをフル充電して点灯。ライトの下には陶器の皿を置いて断熱。
3時間30分で消灯。ライトの筐体の温度は手触りで、45度くらいか。計算上は3時間ちょっとのランタイムのハズであったのでまぁまぁ納得である。

| | Comments (0)

2004.03.14

フレームの傷を補修

フレーム(チェーンステー部)にチェーンで付けてしまったガリ傷をラバースプレーで補修中。ついでにチェーンの掃除、クランクを仮に165mmの物に交換。ペダリングは変わるか!?

という訳で補修しました。
frame_kizu.jpg
ガリ傷のチェーンステー 

hosyu1.jpg
まずはマスキングして  フロントチェーンリングをクランクごと外して、マスキング。ラバースプレーを吹く吹く。吹きすぎるとダマになって垂れるのでゆっくり時間を掛けて繰り返す。その間にクランクを170mmから165mmへ交換。


hosyu2.jpg
ガリ傷の箇所に4回塗りした 夜3回スプレーを吹いて、朝1回。普通の塗料と違って、ラバースプレーなので、マスキングテープを剥がしてもベロ~ンと延びてしまう。カッターの刃を当てるのもイヤなので、上からチェーンステーガードを貼る事とした。


hosyu2_5.jpg
マスキングを外した状態 比較的綺麗に塗れたが、マスキングテープのエッジ部分がヘロヘロな部分があったのでチェーンステーガード(早い話がステッカー)を上から貼る事決定。

hosyu3.jpg
完成 上からカーボン調ステッカーを貼って完成。チェーンリングを組み付けて元に戻す。ついでにブレーキクリーナーでチェーンのベトッとした初期のグリス/オイルを落とした。購入時に袋の中にブレーキクリーナーをジャブジャブに吹き付けて洗ったつもりだったが、それでもベトベトするので再度ウエスとブレーキクリーナーで徹底的に洗った。室内でやったので、脳みそクラクラ来るような気化ガスで、あわてて換気。


105_165crank.jpg
165mmの105のクランク ひょんな所から165mmのオクタリンククランクを入手。105のクランクは入手時のは172.5mmの四角い穴の105だった。

乗ったインプレッションは、ビックリ。5mmの差ってこんなにあるのか、というのが素直な感想。腿の上下動が気持ち少ないのが判る。力の入り方がよりコンパクトに回転する感じ。ウルトラミニ1号(赤)の152mmのクランクはもっとクルクル回る。160mmのクランクも試してみたいと思うようになった。折角入手したDEURA-ACEの170mmのクランクはヤフオクに出すか検討中。また、DURA-ACEの165mmのクランクを手に入れるか考え中(爆)金の無駄遣いだなぁ・・
まだまだ自転車初心者なので、自分のサイズ、というのがやっと判り始めた気がする。まだフレームの各部寸法を見ても判らないし、自分に合ったサイズって・・・という世界。いつか自分でサイズを決めてバイクフライデーとかをオーダー出来るようになったらいいなぁ、なんて。それにはウルトラミニもハンドルとサドルの高さをキチンとサイズを決めて乗る事だろう。

チェーン用ケミカル、ホワイトライトニングって使ってみたいんだけど、どうなんだろう・・・

補修の写真は後で掲載。

| | Comments (0)

2004.03.11

ウルトラミニ2号 操作系

写真だけUPしていたこの記事。コメントを追加する。

bar_con.jpg
シフトレバー SL-BS77 右のバーエンドバーの先端に装着。バーエンドバーはシルバーが現行。先日の転倒でレバー表面に傷が・・

shift_lever_new2.jpg
ハンドルの右側 バーエンドバーがウルトラミニ1号(赤)から仮移植した黒の物が付いている。現在はTIOGAのパワースタッド5バーエンドバーシルバーになっている。シフトレバー周りの状況参照用。


shift_lever_old.jpg
我が家に来たときのシフトレバー周り SRAMの9速グリップシフトが付いていた。ブレーキレバーはTEKTOROだった。

console.jpg
サイクルコンピュータとライト ミニベロには御用達のミノウラスペースグリップ SG-100NLにSPECIALIZED ターボエリートとCATEYE HL-EL200(LED)を装着。


turbo_elite.jpg
サイクルコンピュータ SPECIALIZED ターボエリートのアップ なかなかカッコイイ(自己満足)ターボエリートはケイデンス表示とEL発光に惹かれて購入。CATEYEで色々探したのだが、イマイチ。実はだるま型の先々代エリートはMTBに装着しており、EL発光はともかく、電波の弱さ、トランスミッターの電池の特殊性、長期放置すると誤動作する、反応が鈍い等欠点も知っていたのだが、機能面でなかなかこれを上回る物が無く、また購入。機能面では、走り関係だと、あとはGPSか。GarminはGPS-38Jをパラグライダーで飛んでいるときに使ったいたが、今や機能は飛躍して、ちゃんと1/25000の地図がインストールできる物も有るようだ。eTrex Legendが欲しい。これは予算確保できたら行ってしまいそう。ただ、ウルトラミニは貧弱なスタンド、ハンドル、サドル位置が高くなるので転倒しやすい。転倒防止又は破損防止策を講じないと、死ぬのは早いかも。保険でカバーするか! 肉体関係だとしたら、ポラールのS710i+PowerKitなんだろうけど、8万円オーバーだな。


bell_leveler.jpg
ハンドル左側 水準器(傾斜計)とベル(実は別に移設済み)の写真。あとブレーキレバーもこの写真で判る。grungeリニアレバーはレバーが水平に引けて割と便利。ダブルピボットで強く引けるかな?と思ったが必要な力は普通。ただ、平行に引けるのは、バーエンドバーから指をかけて引くときに遠くならずに便利。アルホンガのダブルピボットブレーキと相まって良く効く。(効き過ぎてパニックブレーキ時は良く後輪が浮く)


leveler.jpg
傾斜計のアップ 面白そうで購入したが、あまり使わない。激坂ポタなどで坂を知るのに使えるかな。通勤路の六本木の坂は何度か調べたら、もう用は無くなりそうである。まぁ坂が絡む地を走る事は多いのでもう少し付いていると思う。ハンドルの一等地に付いているのでいつ地上げされるか・・・


brake_aid.jpg
ブレーキアシストレバー ドロップハンドルなどで正規ポジション以外でもブレーキを引ける後付レバー。池袋のMrチャーリーで特価品を購入。バーエンドバーに手を置いて漕いでいてもブレーキが引ける。ただし、正規のポジションである、バーハンドルを握っている時のブレーキレバーの有効幅が狭くなっていて一長一短。結果フロント側だけに装着。

| | Comments (0)

2004.03.10

クランクの長さ

ケルビムのウルトラミニ。1号(赤)のクランクは152mmだ。多分ブリジストンのトランジット辺り物と同じような鋳物のクランクである。(重い)重さはともかく、座高比が高い(^^:: 私にもクルクル良く回せて良い感じである。
ウルトラミニ2号(青)は届いたときは、105の172.5mmのクランクが付いていた。現在はDura-Aceの170mmが付いている。それでも、腿の上下が時に辛いような気がするのである。いじくって、多段化してギア比も重くなり、諸々の要因は有るのだが。おのひろきさんのHPの中に、「Check your Cranks!」というコンテンツがある。クランクの適正な長さを考察している。またクランクの長さに関する海外のサイトなども紹介されている。それによると、私は160mmでも良いようで・・・(^^;;;
現在165mmのクランクを探している。安いのを・・(笑) 折角オクタリンクのBBを入れたのだからシマノのクランクを、と考えるとなかなか選択肢が限られてしまう。さて、どうなることやら。

| | Comments (2)

2004.02.28

チェーンリングの不具合(解消済み)

ウルトラミニ2号(青)を中古で譲り受けてから、早速和田サイクルに持って行った。
36hのリヤハブを20hのリムに変則利用していたが、どうせならとDuraAceのエアロスポーク用20hハブに交換したのだ。勢いでフロントのハブも工房赤松の元はDuraAceというトレンクル用の狭幅ハブを装着。
続いて、巡航速度を上げるため60tのチェーンリングを装着。これがチェーンガードと一体の鋳物?なリングでかなり歯先が鈍角であった。チェーンを4コマ継ぎ足して装着するも、リング上のあるポイントでチェーンが浮き上がり、リヤディレーラーがかなり前後するのである。

60_danmen1.jpg
60tチェーンリングの歯先 ちょっと見難いが、かなり先端が鈍角なのが判る。よって9Sの超ナローチェーンだと、チェーンラインにより浮き上がりが発生する。

chain_uki.jpg
チェーンラインの浮き上がり 通常はチェーンガードの内側に収まっているのでこの角度からチェーンが見える事は無いのだが、浮き上がってきて姿を現している。この分リヤディレーラーが引っ張られ前後に動く。
リヤディレーラーが前後に激しく動き、チェーンラインが波打って、和田サイクルからの帰路、数回(十数回?)チェーンがチェーンステーに噛みつき、チェーンステーが傷だらけに(;_;)

frame_kizu.jpg

ガリ傷のチェーンステー 地肌が出ている。(;_;)とりあえずオイルスプレーで表面保護して、後日タッチアップ、チェーンステーガードを取り付ける予定。


ring_kakou.jpg
フロントチェーンリングの加工 ディスクグラインダーに#130のサンドディスクを取り付けて、とりあえずフレーム側(裏側)から歯先を1つ1つ鋭角になるよう面取りを行う。当初はチェーン浮きポイントを行ったが、すべての歯に対して面取りを実施した。

front_ring_danmen_new.jpg
削り加工後のチェーンリングとチェーンの関係 フレーム側だけでも鋭角な歯先になり、チェーンの入りもスムースになった。それまでのチェーンの浮き上がりが全く無くなり、嘘のそうにスムースに回転する。リヤディレーラーも安定した。

これで不具合解消。和田サイクルで削っておけば、フレームにガリ傷を入れずに済んだのに・・・反省

| | Comments (0)