まとめます

このブログは、2008年12月24日 から開始しています。
この記事は常にトップに来るようになっています。

★★★★★★★
足利直義(徳治2年(1307年)~観応3年/正平7年2月26日(1352年))
『尊卑分脈』に「本名高国」、また『公卿補任』に「忠義」とありますが、これについては、またいずれ。法名は惠源。
室町幕府初代将軍足利尊氏の二歳違いの同母弟であり、幕府草創に当たって、政務の多くを尊氏から任されていました。
建武5年/延元3年(1338年)8月11日尊氏が征夷大将軍に任じられ、同じ日に直義が左兵衛督に任ぜられたことを、『太平記』は「日本ノ副将軍ニ成給ウ」と書いています。
しかし、権限の二分化は結局対立を生み、日本を二分する戦乱と長い社会混乱の芽となったのです。
兄尊氏に、「今生のくわほうをば直義にたばせ給候て、直義あんおんにまもらせ給候べく候」と願われ、
当時において「ゲニゲニシク(誠実で)偽レル御色ナシ」と評されながらも、悲劇的な最期を迎えなければならなかった足利直義とは、どんな人物だったのでしょうか。
★★★★★★★

ということで、mixi内にて足利直義のコミュニティを作りました。
が、ちょっと心許ない所がありますので、backupとまとめの意味合いでブログを作りました。
私の書き込みと、コミュニティメンバーからご教示いただいた事を差し支えないと思われる範囲でまとめています。


※以下、連絡事項などです。たまに更新してますので、たまにチェックしてみて下さい。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月11日 (日)

『絵本武者備考』

数年前、足利直義が遭遇した怪異についてのエントリーをいくつか書かせて頂きました。

http://nazowada-bike.way-nifty.com/tadayoshi/2008/10/post-7e8f.html
http://nazowada-bike.way-nifty.com/tadayoshi/2008/10/post-fc60.html
http://nazowada-bike.way-nifty.com/tadayoshi/2009/01/post-526a.html

上記記事にいくつか史料を上げていますが、
先日ツイッターで「笈の化け物」の話題があったことに触発され、思い出してネット検索してみたところ、

なんと、国文学研究資料館のデータベースに『絵本武者備考』が!

ほんと便利な世の中になったなぁ!!

ここに『本朝続述異記』が出典として上げられていて、おそらく江馬務はこの『絵本武者備考』を見て『日本妖怪変化史』を著し、『本朝続述異記』自体は確認されていないのでしょう。
江馬の時代には既に失われていた可能性も高そうです。

Photo_2


何十年も探していた史料をついに見ることができ、やっとすっきりしました。
ここでただ史料をご紹介するのではおもしろくないので、ざっと翻刻してみます。

 貞和年中直義の
 館(たち)にハさまざまの
 怪(けち)おほくて直義
 異例の日もすくな
 からず一夜(あるよ)いつ
 よりすぐれて
 震動(志んどう)おびたた
 し□□希有(けう)の
 姿(すがた)ぞあらわれ
 けるたとへば
 身(ミ)ハひじりの
 おひのごとく
 あたまハ山(やま)ぶし
 などのようにて
 口(くち)に刀(かたな)のおれ
 たるをふくミて
 寝所(志んじょ)へふるひ
 出(いで)たりけるを
 大高伊豫守(たいかういよのかミ)
 少(すこ)しもさはがず
 間(ま)近(ちか)くよるを
 待(まち)もふけて
 まつふたつに
 切(きり)たをしぬと
 本朝続述異記(ほんちう志よく志゛ゆついき)
 にのせたり

概略
「貞和年間、足利直義の館に様々な怪異が続き、
 直義の体調が優れない日も少なくなかった。
 ある夜、いつにも増して激しい震動が起き、不思議な者が現れた。
 体は行者の笈のようで頭は山伏のよう、口に折れた刀を咥え、
 寝所へ奮って現れたところ、
 大高伊予守(=大高重成)は少しも騒がず、
 近くへ寄ってくるのを待ち構えて、まっぷたつに斬り倒した。
 と本朝続述異記に載っている。」

一部どうしても当てはまる文字がわからない部分や、
自信のない部分がありますが、とりあえず……
わかり次第訂正入れていきます。
ご指摘もありましたら、よろしくお願いします。


大高重成は高師直の同族で、大力で名を馳せた直義方の武将です。
笈の化け物は、大塔宮護良親王のメタファーではないかというのは前述のとおり。

ミネルバ日本評伝選より、新井孝重氏『護良親王-武家よりも君の恨めしく渡らせ給ふ』
http://www.minervashobo.co.jp/book/b241680.html
が刊行されたようですが、
18世紀…江戸時代に、南北朝の武将たちがどのような関係性で捉えられていたかの一端を見てみるのも一興かと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月 3日 (火)

師直塚

少し前にツイッターで、師直塚の祟りの話を教えていただきました。

祟りというのは、
「Nightmare's Psychiatray Examination」さん( http://www.geocities.jp/nachtmahr_3rd/index.html )が詳しく紹介されている
「師直塚の碑の建っている土地を建設会社の社長が買い取り、(中略)石碑を移設。それからである・・・従業員の事故、負傷、自動車事故と災難が連続して起こり、ついには社長の夫人までが病気を患い寝込んでしまった。更に、会社の経営は傾き、ついには社長も師直塚のタタリだと石碑を元の位置に戻した。」
というもの。
国道171号線拡幅工事の時にこの時の祟りが再度問題になり、近くにある昆陽寺の住職を呼び供養をして、今の場所に移動したそうです。
一連の祟り騒動は昭和40年前後の出来事で、拡幅工事は昭和44年に行われたことが確認できます。

比較的最近では、石碑の写真を撮った人が原因不明の病気に苦しめられたという話が雑誌にも紹介されていますが、実際に祟りに遭ったという話は少ないようです。

祟りの話は興味深いですが、それ以上に私が気になったのは、
では高師直たちを葬った塚は、元々どこにあったのか?ということでした。


» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月16日 (土)

高氏関係図

必要があって高氏の一族関係を調べていましたが、
バラバラな情報がわかりにくかったので、個人的な備忘として図にしてみました。
あくまでも個人的な興味に従ってまとめてありますので、不備や納得いかねぇ 所もあるかと思いますが、置いておきます。

「koukankkeizu.jpg」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月15日 (金)

お兄ちゃんは心配性

何度か書いていますが、
私は足利直義が大好きですが細川和氏にも興味があって、ぽちぽちと関係史料を読んだりしています。
で、今日は細川和氏関係の気になる史料をご紹介。

『細川系譜校異』は、「大日本史料DB」で部分を見ることができますが、全体像はさっぱりわからず、信頼性もどうなのかな~??なのですが、書いてある事はかなりおもしろい。
その中の一エピソード

「竹径(和氏也)閑居粋適将老矣 公(頼春)造之 従容謂云 朝廷方憂南人 一旦突而入 為之何 竹径徐答曰 公死之易耳 竹径捐館 後十一年而乃戦死」

細かい言葉の説明はとりあえず省きますが、
和氏が隠居しようとしているところへ、頼春が訪ねて行って「朝廷(北朝)が南朝のことを気にしていますが、南朝軍が攻め入ってきたらどうすればよいでしょう?」と尋ねたところ、和氏は静かに「お前は死ぬだけでいい」と答えた。そして和氏が亡くなって11年後、頼春は京へ攻め入ってきた南朝軍を相手に討ち死にした。と

このお話、初めて読んだ時に「和氏かっこいい!」と思って、何度読んでもやっぱりかっこいい!ですが、
……なにげにひどいですね。
『細川三将略伝』という史料にも同じ話が出ていて、以前他の所ではそちらをベースに紹介したことがあります。
両方とも元ネタは『繫雲集』だと書いてるのに、状況や言葉がビミョーに違っていて、読み比べてみるとおもしろいです。


もうひとつ、
つい最近知った史料なのですが、『永源師檀紀年録』。
この史料の成立自体は戦国時代以降のようで、細川氏関連の逸話を集めた物なのかな?
何年か前に関連本が出版されていますので、近い内に読んでみたいと思っていますが、今日のところは詳しい情報はご容赦を。
この史料が、どういう基準で編纂されたのかはわかりませんが、先ほど紹介しました『細川系譜校異』の話を膨らませたような話が出ているのですね。なので、これから紹介するお話も、もっとざっくりした物が『細川系譜~』に載っています。
最初にお断りしておきますが、いくつか言葉がわからない所がありましたので、間違いについてはご指摘いただければ幸いです。

場面は頼春の人物紹介によく引用される、後醍醐帝から御衣を賜った元弘3年の射礼の儀です。
さて、頼春が時の天皇以下から称賛を浴びているその時!

「此時 太守ノ家兄(和氏)翁曰ク 我弟今日射テ中テズンハ吾家ヲ汚■(オベツ<ベツは血の右に茂か蔑>)スルナリ 如カジ殺サンニハトテ 門ノ側ニ立テ長剣ヲ抜テ待ツ 暫アッテ内ヨリ更射ヲ招ク 翁ハ吾カ弟ノ中ラザルトカ恠ミ怒リ 進テ其手ヲ援テ去リ 聞ク人胆股戦栗ス 其ノ譽ヲ雲路ニ飛バス事ヲ知テ大ニ悦ヘリ」

ざっと訳してみます。
頼春の兄和氏が言うには、弟が今日射て当てる事ができなかったら家名を汚すことになる。そうなったら殺してしまおうと、門の側に立って剣を抜いて待っていた。しばらくして中から更に射てみろと聞こえたので、和氏は弟は失敗したのかと疑い怒って、頼春の所へ行きその手を引いて立ち去った。聞いていた人は胆を冷やして震えた。が、栄誉に与っていた事を知り(和氏は)大変喜んだ

……お兄ちゃん…
何やってるんだ。何を考えているんだ!
恥ずかしい、恥ずかしいよ!
30男が40歳近い兄に怒られて手を引かれて帰って行く姿も間抜けです!かわいいです!
頼春の顔見るなり斬りつけるとかしなくてほんとよかったですね。
「胆股戦栗ス」にその剣幕の程が伺われます。頼春もさぞ驚いたことだと思います。

正直、史料の信憑性には疑問符が付きますが、この時の頼春の能射は、複数の史料から裏付けが取れていますので、弟の天覧試合に和氏がやきもきしたという事は実際にあったかもしれません。
兄弟ネタ、楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 3日 (金)

伝足利直義墓

こんにちは。
たいへん、たいへんご無沙汰しておりました。
すっかりブログを書くのがめんどくさい人になってしまっていますが、これはご報告せねば!と思い、老骨に鞭打って出て参りました (^^;;)。

Photo

もうご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、
なんと、
数日前から浄妙寺で足利直義のお墓が公開されております!(※一応「伝」となっています)

実はずいぶん前に、足利氏研究をされていた方から、お墓と言われている石塔は確かにあって、写真なども見せて頂いてそのだいたいの場所も伺ってはいたので、残念に思いつついつか公開される日を期待して待っていたのでした。

そして今回、公開の情報を頂き、これはもう居ても立っていられず!
早速行ってまいりました!

この日3月29日は、開花宣言から1週間後の日曜日とあって、
鎌倉はかなりの混雑で、
行きのバスの中でも「浄妙寺」「ガーデンテラス」という言葉がちらほらと飛び交っていて、
私も「ランチは絶対にガーデンテラスで」と決めていたのですが、うっかりお昼時にかかってしまい、バスの中でやきもきしっぱなしでした。
焦る気持ちを落ち着けて、浄妙寺の本堂にお参りしてから、レストランへの坂道を登ります。

Photo_2

浄妙寺内にあるレストラン「石窯ガーデンテラス」は、
直義が亡くなった場所と言われている延福寺跡近くに、その魂を慰めるためにと開店したそうですが、
墓所への入口は、レストランの敷地に入ってすぐの所に整備されていました。
午後から天気が崩れてくる予報だったせいか、レストランでは待つことも急かされることもなく、ゆっくり食事ができました。
食事を終え、お庭を拝見して、いざっ!

墓所にはやぐらが穿たれていて、いくつもの石塔が建っていました。

Photo_3

伝足利直義墓は宝篋印塔でしたが、少し詳しい方のお話よると、時代が直義の頃より少し新しい物だそうです。
今回の公開を教えて下さった方のお話では、地震で井戸に埋まってしまっていた物を堀起こしてきたということで、
それ以前の様子などはもう伺い知ることはできないのでしょう。
それでも、その縁の場所で、この石塔群を拝むことができるのは、感慨深いことです。

Photo_5

浄妙寺の後は、なぜか夫がすごく気に入っている鎌足稲荷へ。
小さいながらも雰囲気のある場所ですので、ちょっと足を向けてみてもおもしろいかと。

帰りは徒歩で、鎌倉宮を経由して帰ることにしました。
こういうタイミングですので、久しぶりに例の土牢も見て。
あっそれから、
最近何かと体の不調も多かったので、厄割り石をやりました。
ところが、夫のお皿が割れない!
やっと3枚目でなんとなく割れたのですが、こんな事もあるんだなぁ…… って、ロードバイクでの事故を気にしてる夫は、獅子頭の厄除け守り買ってました。
御利益ありますように。

鎌倉宮を見ている内に雨が降り出し、鶴岡八幡宮を通って駅へ向かう頃には雨足も強くなっていましたが、浄妙寺では静かにゆったりと過ごすことができ、本当によかったです。

また違う季節にも、ぜひお参りしたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«和歌等一覧